もりもり食べる

日々考えたことをきままに綴るブログです

今年58になった母が私に言った。

「還暦を越せるか心配。」

母のこういった弱音は聞いたことがない。私は驚いた。

 

母はいつだって家族を守るために頑張って自分の精神や肉体を削りながら生きているのだと、その時初めて気が付いた。私はなんて鈍いやつなんだろう。いつも自分の身の回りのことしか考えていなかった。

 

 

母はお酒を呑むと人格が変わる。

それが小さいころから本当に嫌で、それを見て育った私はほとんどお酒に手を伸ばさない。それほど嫌だ。

でもそれは、母が日常生活で日々自分を抑えつけて我慢をしているからなのかもしれない。

お酒を呑めばそのリミッターが外れる。ようやく理解できた。

 

母は私の悩みを聞くと生き生きする。

それに対していつも違和感を感じている。それも母の日常生活の我慢によるものなのだろう。

辛いのは自分だけじゃないと思うから、嬉しいのかもしれない。人の不幸は蜜の味というが、それだ。意地悪なのではなく、自分の持っている不幸を誰かと分かち合いたいのだ。だが、母は素直に本心をさらけ出すことができない。

 

母はなにかある度、「自分の方が大変だ」と言う。

この言葉を聞くたび、なんで比較するんだろうと思う。痛みは比較するものではなく、個人が感じるものだと私はいつだって言いたい。

でもこれも日常生活の我慢によるものだろう。

 

 

母はいつだって持ち合わせている力以上に頑張って頑張って頑張ってきたんだ。

実家にいたころ、母は家でも仕事場でも手を抜かず、仕事で全力投球したあと、家に帰ってくると掃除や洗濯、料理を同時にこなしていた。

私がぬくぬくと育ってこられたのは母のその努力によるものだ。

 

 

 

あと2年も経てば母は還暦を迎え、私は三十路になる。

もうすぐで母が私を産んだ年になる。

 

綺麗ごとかもしれないが、今度は私が母を育てようと思う。

あるがままの母を認め、家族としてそばで支えられたらと思う。

そう簡単には上手くいかないかもしれないけど。

 

※今日の体重 54.75㎏ 💩 ×

親知らずを抜いたこの痛い状態でどのくらい食べられるのだろうと挑戦したら、いつも以上に食べてしまった。今日は制限しよう。

これから親知らず(左下)を抜きに行く

情報源は忘れたが、二ヶ月ちょっと私が継続的にやっていることを今日は書こうと思う。
(自分流に変えてやっているので、正しい方法はわからない)

●用意するもの
・小さいノート
(100均にいいかんじのが売っている)
・ボールペン

●方法
① ここ数年間でやりたいこと、気を付けたいこと、自分に言い聞かせたいことを10個考える(期間は自分で決めた)

② ①を毎日ノートに書く

③ ノートに書く際、②の中から優先順位が高いものを一つ選び、自分ができる具体的な行動を書き出す


私がノートに書きためていることを恥ずかしいけど、記す。

1)感謝
(旦那さんと息子に対して感謝の気持ちを一言書いている)

➡喧嘩したり気分が落ち込むことがあっても、ありがとうと思える

2)楽しむ・笑顔

➡何事も楽しもうと挑める

3)健康に気を付ける

➡積極的に病院へ行くようになった

4)どうしてもやりたいことをやる

➡やりたいことは何か、センサーが敏感になった気がする

5)自分の力でお金を生み出す

6)48㎏

➡ダイエットは正直めげそうになっているが、それでもブログに体重を書き続けられている

7)本音でぶつかる

➡旦那さんに対してオープンに色々話せるようになった

8)人を幸せにしてお金をもらう力がある

9)目の前のことに全力で取り組む

➡意識できるようになった

10)稼げるようになって収入源をやりたいことに絞る

毎日は書けていないけれど、気がついたら書くよう心がけている。
これを継続的にやることでモチベーションを保てているような……。

少しずつだが、自分が変わっていく様子がわかるので面白い。

※今日の体重 54.45kg 💩 ×

履歴書の趣味の欄をうめられない人に見て欲しい

時間やお金をなににかけているかで趣味嗜好がわかるってことに気が付いた。

(むむむっ大発見!誰かに知らせたい!!!と思ったけれど、これって当たり前か。)

 

今まで自分に趣味などないと思っていた。

だけど、時間でいえばネット(おもにブログ)と読書に時間を割いているし、

お金で言えば、本(おもにエッセイ、子育て、家事、自己啓発、漫画)と食事(フルーツの割合高め)と動物園、展示会・展覧会、電車代(家にいるより出かける方が好き)、お賽銭(神社に比較的行く方)、プレゼント(人のプレゼントを選ぶのが好き)。

 

意外に時間もお金もかけている。

書いたものを見ていると全部私っぽい。

自分を知るのって面白いし楽しいな。

 

※今日の体重 計測忘れ 💩 ×

 

なんのこっちゃ

実家に帰ったら、高校時代の卒業文集が出てきた。

 

一クラス約40名、合計で8クラス約320名分の作文。

卒業した当時は恥ずかしくて、先生以外の文章は読めなかった。

でも、今は読める。

 

面白い。脳が覚醒してしまって今日は寝られない。

 

数学の先生がくださった言葉の中に、

自由とは必然性の洞察である

とあった。

当時は「意味わかんない」という一言で終わったが、強烈なインパクトだったのでうっすら憶えていた。

調べてみると、この言葉は哲学者のヘーゲルの発想を思想家のエンゲルスがまとめたものらしい。

 

いまの私がこの言葉から考えられるのは、自分の性格や行動パターンをよく洞察することで、自分を自由に操れるかな。

 

本来の意味と合致しているかどうかは置いておく。

復活

息子がこの間、手足口病になった。

 

発熱時には水分すらとろうとせず、(普段はあげない)リンゴジュースでさえ少しだけ飲んでほとんど残した。

いつもは食欲の塊の怪獣みたいな息子がほとんど食べず、寝るばかり。

すごく心配した。

 

と、思ったら……。

ごはんを受け付けないのは発熱後の朝昼の二食くらいだった。(それでも桃と梨はよく食べた。)

それ以降はうどんやら納豆ご飯やらを普通に食べていた。量もいつも通り。

手足口病は口腔内が痛むと聞いたので、温度や食感、味などに注意して作ったお粥や水分多めの柔らかい肉団子を作ったりもした。水分をとってほしくて。

だが、そういったものは好きではないらしく(おそらく食感がいや)、吐き出した。愛情をかけるって難しい。

 

結果、息子は一日半くらいで復活して元気に動き回っていた。体中の赤い発疹は気になるが、すこぶる元気だ。

 

食欲=生きる力なんだと改めて実感。

そして、この回復の早さは普段から気を遣って料理を作っている私のおかげなんじゃないかと割と本気で思う。勘違いしそう。

息子の持って生まれたものでもあると思うけど。

 

息子は長生きするんだろうな。

 元気なおじいちゃんになってほしい。

 

※今日の体重 54.60㎏ 💩 〇

他人の麦茶

私は、酔って倒れこんでいる人や熱中症で倒れこんでいる人を見ると、そこらへんにある自販機でお茶や水を買ってきてその人に渡す。

滅多に遭遇する機会はないが、あれば渡している。

 

昨日も駅のホームに、酔ってうずくまっている若い男性がいた。

麦茶を買ってその人に渡そうとしたとき、立ち上がって電車に乗ったので、私が購入した麦茶は自分で飲むことにした。

 

その麦茶を飲んで私は思った。

はたして、赤の他人が差し出した麦茶を飲みたいだろうか???

信用して飲めるもの???

 

こういうときの正解が分からない。

差し出した麦茶が相手にとってありがたいとは限らない。

 

ならば、駅員さんを呼ぶ方がいいのか、声をかけるだけの方がいいのか、逆にそっとしといてあげた方がいいのか。

時と場合にのよるのだろうけれど、正解が知りたい。

家に連れて帰るくらいの責任が取れないのなら、安易な行動は避けるべきなのかな?とも思う。

 

※今日の体重 54.85㎏ 💩 ×

熱々

 

 

今日、本屋さんに行った際にみつけたもの。

ローラアシュレイの日記帳。

ほしい!!!

 

ただ、続けられるかどうかわからないし、来年からのスタートなので一端家にこの熱々の気持ちを持ち帰ることにした。 

 捨てることになるものだとしたら、3千円は勿体ないし、資源は無駄にしたくない。

それに、私はかなりの飽き性。

このブログが3カ月続いているのが軌跡なぐらい、飽きっぽい。本当にやりたいことでないと続かない。迷うー。

 

欲しい理由は、この3つ。

1)この表紙を見るとテンションが上がる

  (毎日丁寧に書きそうな気がする)

2)5年先を考えるとワクワクする

3)これから5年間の軌跡を記したい

 

この5年間で自分が飛躍する気しかしないから、それを記しておきたい。

多分、今までのどの5年間を切り取ってもこの5年には勝てないと思う。

(まだ始まってもないけど、そんな勘がする)

 

迷うなー。

クールダウンするためにブログに記しておく。