もりもり食べる

日々考えたことをきままに綴るブログです

昨日の息子は寝起きブルー

今日は全く食事とは関係ないお話です。

 

昨日、息子はお昼寝から目を覚ましたあとしばらくプンプンしていました。

でも、遊びたがる息子。

よく分からなかったので、息子のしたいようにさせていました。

 

すると突然、私のもとに靴下を持ってきて私に渡してきました。

何かを求めて靴下を渡しているのはなんとなく分かる。ただ、何をやっても怒ります。

靴下でマペットをやってみても怒り、息子に靴下を返しても怒っていました。

靴下はもう履いているしなー。なぞ。

なにがしたいんだろう?と思って、どうしたの?と聞くと怒って投げつける。その繰り返しでした。

 

何度目かのやりとりのあと、「もう分からないから、履かせちゃえ!」と思って履かせると、満足したようでまた一人で遊び始めました。

そのあとそれを二度ほど繰り返し、最後は靴下の片方だけ持ってきて、左足のみ履き替えて満足したようです。

 

これでも最近は、息子の表現が分かりやすくなったため、前よりは対応できるようになりました。「あー」とか「うー」の言葉の抑揚で感情を表現してくれます。

 

息子が赤ちゃんだった頃は、何を求めているのか全く分かりませんでした。

あの頃、昨日みたいに息子の繊細な気持ちをキャッチしてあげられたら息子があんなに泣くことはなかったのかな。

 

…いや、でもやっぱり無理かも。あの頃の私は私で頑張ってた。毎日必死だったし。

まだ話せない子に対して、何を求めているのか察知するのって難しいですね。