もりもり食べる

日々考えたことをきままに綴るブログです

大雑把

昨日は料理教室でした。

 

普段一人で料理をしていると気が付かないのですが、料理教室に行くと自分の性格が見えてきます。

 

私がよく指摘されるのは、大雑把。よく言うと大胆?

↑この文章を書いた後に、平野レミさんって大胆な料理で有名だったことを思い出しました。「平野レミ」ですぐに検索。動画一覧がずらっと出てきて、その中から一つ動画を見ました。

やはり、プロはすごいですね。

私なんかが意見するのは失礼ですが、大胆な中に繊細さが隠れていました。繊細にやらなくていいことは大胆にやり、繊細にやらなければならないところは繊細で的確。

すごいですね。手際も包丁の使い方もすべてに無駄がない。

そういえば、こんな視点で料理番組を見たことがないです。

 

それに比べ、私は常に大雑把で大胆です。

調味料を鍋に入れるとき、私はドバっと一気にいれます。優しく数か所に分けて入れることは今までしていませんでした。

そういえば、冷しゃぶを作る時もお肉を一枚一枚丁寧にやらず、ドバっとやる。

料理の盛り付けも繊細さにかけます。

 

大雑把なところは自分の長所でもありますが、繊細にやるべきところは繊細にやると美味しいものが作れるんですね。

 地道に頑張ろう。