もりもり食べる

日々考えたことをきままに綴るブログです

YouTubeの料理動画

昨日、数年前に流行ったエッグベネディクトを作ってみました。

 

エッグベネディクトを作るのは今回が初めてで、形にはなりましたがなんかいまいち。

というのも、ポーチドエッグがお店のようにはならず白身が散った状態になってしまったからです。そういえば、ポーチドエッグってあまり挑戦したことがないような…

 

次回は上手く作れるように、YouTubeでポーチドエッグの動画をいくつかはしごして観てみました。

 

ポイント

・新鮮な卵の方が良い:白身が散るのを防ぐため(古くなるにしたがい濃厚卵白が水様卵白に変化する)

※濃厚卵白:卵を割ったときに目視できる白身のぽこっとした部分

・お酢を入れる:白身が散るのを防ぐ(お酢の酸による卵の凝固反応)

・湯はグラグラさせない:白身が散るのを防ぐ(沸騰したときの泡で白身が散るため)

・お湯を対流させる:なべ底に卵をくっつけないため

・冷水で冷ます:余熱で黄身が固まるのを防ぐ

・水の中で綺麗に成形をする

 

これで次回はきれいに作れそうな気がします。理由も分かって面白かったです。あとは実践のみです。

 

今回参考にした動画の感想についてですが、どれもよかったです。

別件で、YouTubeのHow to動画を観たときはどれも分かりづらかったんです。そのため、分かりにくい印象がありました。でも、料理の動画は分かりやすいものが多かったです。

何種類か観ていくと、人によって教え方もコツも違うことに気が付きました。(もちろん、大まかなやり方は一緒ですが)

なぜそうするのか、理由まで説明してくれる人が個人的にはよかったかなと思います。