今の自分を知る・私の本棚

自分の今の思考を再確認するために、私の本の一覧を作ってみました。

 

・大学時代の教科書(興味あるものだけ)

・料理本

山崎ナオコーラさんの本全般

いわさきちひろさん「ちひろBOX」

森茉莉さん「幸福はただ私の部屋の中だけに」

角田光代さん「彼女のこんだて帖」「恋をしよう。夢をみよう。旅にでよう」

茨木のり子さん「おんなのことば」「わたくしたちの成就」

幸田文さん「おとうと」

夏目漱石さん「こころ」

よしもとばななさん「人生の旅をゆく」

東村アキコさん「かくかくしかじか」

渡辺ペコさん「1122 1巻」

高野苺さん「orange 6巻」

武田双雲さん「怒らない子育て」「しあわせになれる「はたらきかた」」「ポジティブの教科書」「ラッキーになれる習慣」

益田ミリさん「今日の人生」

西原理恵子さん「おんなのけものみち

飛鳥井千砂さん「砂に泳ぐ彼女」

・ひぐまあさこさん「お母さん仕事」

日本経済新聞出版社「ストレングスファインダー」

・矢作直樹さん「身軽に生きる」

・たなかれいこさん「生きるための料理」

・宮本佳実さん「可愛いままでこう働く」「WORK LIFE STYLE BOOK」

・佐々木正美さん「かわいがり子育て」「子どもの心の育て方」

・久保カヨ子さん「みるみる賢くなる55の心得」

・佐々木十美さん「日本一の給食」

・Emiさん「わたしがラクする家事時間」

 

他にも、

「正しい家計管理」「何をしてもうまくいく人のシンプル習慣」「子どもの見ている世界」「すぐやる人とやれない人の習慣」「文章書けないんだけど」「食べ方の法則」「食育の力」「すぐやる!」「ここに気づけば、もうお金には困らない」「子どもが育つ魔法の言葉」「赤ちゃん・幼児の知力と才能を伸ばす本」「男の子の一生を決める0歳から6歳までの育て方」「アレルギーの9割は腸で治る!」がありました。

 

分類分けすると家事、子育て、仕事、食事、生き方、お金ですね。

当たり前なんですが、私が自覚している興味と一致していて驚きました。

やっぱりそうなんだ、と。

太字になっているものは、私のバイブル本です。

 

所有数が意外に多かったのは子育て本でした。いただいた本もいくつかあるのですが、やっぱり私は子育てに興味があるみたいです。息子の知能というよりは心を育てたいのか、自分で購入した本はそのような本が多いです。そういう私の考えが反映されたのかな?

 

仕事に関する本の量に関しては納得の結果です。得意なことや好きなことを仕事にしていきたいという気持ちがよく表れています。

私の本棚の作者は全体的に女性が多く、どの方も尊敬している方たちばかりです。これも、「好きなことを仕事にしている女性」という意味では共通しているのだと思います。自分を持っていて、お金を自分の手で稼いでいて、好きなことを仕事にしている女性たちばかりです。

 

「すぐやる」という類の本が2冊もありました。同じような内容なのに。

私はどれだけすぐやらないんでしょうか。

そして、まだ本棚に残っているということは改善されていない証拠。お恥ずかしい。

「ラッキー」とか「上手くいっている人の習慣」というのもありました。近道したい気持ちがみえみえです。これまたお恥ずかしい。

 

こうしてみると、本当に面白いですね。まだまだ考察ができそうです。

自分の本棚ですが、他人の本棚を見ているように楽しく見ることが出来ました。お見せするには恥ずかしい一面もありましたが、振り返るよいきっかけになりました。

 

この中の本たちはどの程度私の頭に入っているのでしょうね。

気になったものは、このあと読み返してみようと思います。そしてもう必要なくなったものは手放さないと。