渋沢栄一さんの言葉

北区王子の飛鳥山公園には渋沢栄一さんの資料館があります。

渋沢栄一 明治時代に活躍した実業家

 

私はこの間までこの方を知らず、なんとなく聞いたことがあるかな?という程度でした。

飛鳥山公園に訪れたのを機に、調べて知ることができました。

 

その後、たまたま図書館で渋沢栄一さんに関する本をみつけ、文庫本もあるということだったので本屋さんで購入することに。

渋沢栄一さんの子孫の渋澤健さんが書いた「渋沢栄一 100の訓言」です。

 

その中の一つの言葉です。

とにかく優秀の人材は、その家庭において賢明なる母親に撫育された例は非常に多い

(優秀な人物というものは、多くは家庭で賢い母親に育てられるケースが非常に多い)

 

それに加え、あるブロガーさんのこんな言葉にも出合いました。誰だったかも、正確な言葉も忘れたのですが。

真似から入ったほうがいいのに、独自でやろうとする人がいる。勉強も成績が上がった人の真似をした方が、独自の勉強法の人よりも成績が上がる。

 

賢明は難しくても、懸命にはなれる。

でも、ただ闇雲に懸命にやっていては目指していないベクトルに進むかもしれない。

それに加えて今の私の子育てなんて初心者中の初心者です。一人目だし、自分の両親がどのように私を育ててくれたかも薄っすら記憶している程度。しかも、それが正しいかどうかも分からない。

子育てに関する本や人から聞いた話、素敵だなと思った人の育てられ方を聞いたりして、懸命にやっていこうと思いました。

 

※今日の体重 55.00㎏