自分の中の直したいところを直さずぐじぐじしているのはもうやめないか?

今日の午前中は遠出して、大きい公園で遊んできました。

疲れたのか、息子は珍しくお昼も食べずにお昼寝中。

そんな中お昼を食べたりネットサーフィンをしていたら、ある言葉が思い浮かびました。

 

「自分の中の直したいところを直さずぐじぐじしているのはもうやめないか?」

 

直せるところは直していこう。

そう思って、どうしても書き留めたくてブログの記事にしました。

 

旦那さんと今朝話していた時にも同じようなことを思ったんです。

私が「趣味が欲しくてジュエリー工房に通いたいんだけど、遠いしお金がないんだー。」って話してて、旦那さんも「そうだねー。」なんて他愛のない会話をしていました。

で、私が「お金と時間に余裕ができたときかな。○○(息子)が大きくなってからかな。」と言った瞬間に我に返りました。

それっていつ?できない理由を探していないか?と。

 

そこに通うことは無理でも他の方法や他の趣味を探すことはできるはず。

 

……こんな風に自分のことをきちんと受け止めて前に進もうと思えるようになったのは、息子が私のもとにきてくれたからかな。

器用な方ではないので息子が生まれてからというもの戸惑うことの方が多いけど、よく考えるようになりました。(今まで考えなさ過ぎた)

 

 

ありがたいなー。