もりもり食べる

日々考えたことをきままに綴るブログです

母 2

母に、「頑張り過ぎなくていいんだよ。」という旨の話をした。

自分の持っているエネルギー以上に頑張って無理をするから疲れて動けなくなってしまうんだよ、と。そして、もっと自分の感情に素直に生きたら楽なんじゃないかな?という話もした。

 

この言葉をかけてから、一週間も経たない間に母に変化があった。

実家に行くといつも帰りは駅の改札まで送ってくれた母が、その距離の半分の信号までにすると言った。

無理をしないと決めたらしい。

(それでも十分すごいけど)

 

やっぱり無理をしていたんだと思う。

母のこの小さい変化が嬉しい。

 

そういえば母は病気になって二週間入院したときも、同じ病室の人を心配してお手伝いさんみたいになっていた。母は頑張りすぎなのだ。