もりもり食べる

日々考えたことをきままに綴るブログです

期待せず、期待する

2才の息子は少々頑固である。

嫌だと思ったら絶対にやろうとしないし、やらない。

 

中でも手をつなぐのが苦手なようで、何度こっちから手をつないでも本気で嫌がって手を離す。

手をつなぎたくないのは、自分の思った方向に進みたいからかもしれない。歩き始めのときからずーっとそう。そういう性格だからしかたがないと私も旦那さんも諦めていた。

 

 

そんな息子だが、保育園だと家よりは頑張って先生の指示に従っているように思う。

家ではお昼寝の時間になっても中々寝ない息子が、保育園ではすぐに寝ると聞いて驚いた。(先生方の技もあるのだろう)

だから、保育園では手をつないで歩けているのかと思いきや……。先生から直々に「手をつないで歩く練習をしましょう。」と連絡があった。愕然とした。

 

 

家で出来ないことは外に行っても出来ないよな、という当たり前のことを思い、練習することに。

そう伝えられてから真剣に取り組んだ結果、3日で出来るようになった。

 

 

「手をつなぐ練習をしよう」「練習!練習!」と声を掛け、何度も手をつなぎ直して歩いた。

その甲斐あって、昨日は30分以上手をつないで移動成功!!!

「お母さん、うれしいよ」と何度も伝えた。

(帰りの道は自由に歩きたかったようで、一切手をつなごうとはしなかったけど、)

グッジョブ、息子(^v^)

 

息子に期待せず、期待することが大切なんだと感じた。

なんか矛盾しているかんじがするけど。

諦めはよくない。息子は可能性に満ち満ちている。

結局は息子を信じることが大事なのかな。

 

公文で先生をしているママ(旦那さんの母)が、言っていたことを思い出した。

「子どもの成長時期があって、それまではいくら練習しても出来なくても、(程度の差はあれど)その時期がくると必ず伸びる。逃してしまうこともあるから、その時期を見極めることが大切。」

 子育てはとても疲れるけど、とても興味深くて面白い。

 

 

追記

昨日、少し頼もしくなった息子が「にいに」と言えるようにもなった。

早く「にいに」になる日がくるといいな。息子が兄になった姿を見てみたい。

ただその反面、少し寂しい気もする。

息子とのこのべったりな時間がなくなると思うと寂しい。

 

 

※昨日の体重 54.10㎏ 💩 〇

※今日の体重 54.00㎏ 💩 ×

 

8/31の体重54.20㎏。-0.20㎏。誤差みたいなもんだ(笑)

まーでも減ったからよしとしよう。昨日は夕飯を普通に食べちゃってこの体重だし。

ジリジリジワジワ減ってきてはいる。

ダイエット開始当初から比べたら-1.55㎏だ。