もりもり食べる

日々考えたことをきままに綴るブログです

1122

漫画家の伊藤理佐さんの言葉に、「仲の良い夫婦を想像して真似をしたら、現実も近づいてきた」といった旨のものがあった。

 

私が思う仲の良い夫婦の想像してみる。

 

お互いの好きなところはすぐ言えそう。

常に感謝を言葉にしていそうだし、気遣いもしていそう。

片方が子どものオムツを替えていたら、もう片方は使い終えたオムツを捨てるというような感じで、些細なことでもさっと手を貸していそう。スキンシップもよく取っているイメージ。

喧嘩はせず、気になったら時点で話し合いもしそうだな……。

 

もっと出てくるけど、ざっとそんなかんじ。

それを基準に考えて100点満点とすると、我が家は75点!

感謝の言葉は伝えるようにしているけど、(私が旦那さんに対して)まだ足らないような気もするし、気遣いに関しても。。。

私がもうちょっと旦那さんを考えるべきかな。今日はそれに気を付けて過ごしてみよう。

 

ちなみに、旦那さんの好きなところは中庸的な立場に立てるところ

自分自身の意見が確立しているにも関わらず、自分とは反対の意見も受け入れて「まーそっちの意見もわかる。」って言えるところ。上っ面じゃなく、色んな意見があって当然だよねって言える強さがある。

そういった相手の人格や考えを絶対に否定せずに受け入れられるところが好き。

この人はやっぱり頭がいいなーと思うし、なにより優しい。

中庸的というこの言葉には旦那さんのいいところが詰まっている。そういう旦那さんの塾の塾生は本当に羨ましいなと思うし、息子も幸せだ。

 

いい旦那さんをみつけたな(笑)

息子だけではなく、旦那さんも意識して大切にしよう。

 

※今日の体重 54.15㎏ 💩 〇