もりもり食べる

日々考えたことをきままに綴るブログです

わんぱくぱくぱく

ワクワクする食事っていいなと思う。

昨日は少し前に流行った(?)、わんぱくサンドなるものを初めて作ってみた。

食パンに、味付けしたキャベツや人参、トマト、卵、鶏胸肉をはさみ、縦に二等分になるよう包丁をいれた。




どきどき……



パカッ



あらまー!!!きれい。




少しでも興味を持ったものは試してみるのもいいな、と今回感じた。
ワクワクするし、旦那さんも息子もそれを見て喜んでくれた。

旦那さんにはランチとしてそれを渡し、出掛けない予定だった息子と私は遠出をし、青空の下、公園のベンチでわんぱくサンドを頬張った。

(息子のサンドは、食べやすいよう中身を減らして、さらに両サイドから圧をかけた。わかっていたことだけど、小さい子は付き添いがいないと食べにくい。)

久しぶりの晴天で晴れやかな気持ちになり、秋の香りを感じながらより美味しく感じた。
ほのかに香る銀杏は少し臭いけどね。

……なんて、絵に描いたような晴れやかな日を過ごしていたはずなのに、段々と息子の雲行きが怪しくなり、帰りには大雨。
なにをしても泣いて泣いて大変だった(笑)

本当はあまりこの手法を使いたくないのだが、最終的にはどうしようもなくなってコンビニの野菜ジュースで息子のご機嫌を伺った。

ピタッと泣き止む息子。

お腹空いていたらそれでは泣き止まないはずなので、なにか他に理由があったのだろう。

「うちってこんなかんじだよな。」と思いながら帰宅した。

※今日の体重 54.70kg 💩 ×