もりもり食べる

日々考えたことをきままに綴るブログです

気になる

● よく喋る息子

息子がここのところずっと言葉にならない言葉をよく話す。

単語ではなく、言葉。

解読しようとするのだが、難易度がかなり高い。

ただ適当に話しているのかな?と思うと、そうではなく、同じような(意味のありそうな)暗号を抑揚つけて一人で話している。

おもちゃを電話に見立てて遊ぶときは、本当によく話す。

私に話しかけるときは単語や動作を交えてなので、おそらく、彼の感情を声に出しているのだろう。

 

すごいすごい気になる。

 

● 冬期講習が終わって昨日から通常授業

一昨日は旦那さんが休みで、一緒にいる時間がいつもより長かった。

旦那さんにこれと言って話したい事柄もなかったのだが、会話がしたくてなんとなく受験生(高校受験)について聞いた。

 

一般受験をする子はあと1カ月ちょっとだけど、この期間ってなにをすればいいの?と。

自分には全く関係ないのだが、思いついたことを聞いてみた。

 

旦那さんの回答 ↓

人によってかける言葉が違うからね。(そりゃそうだ。)

共通して言えることは『勉強する』しかないけど、強いて言うなら、『取れる問題を絶対にとりこぼさない』ようにすることかな。

正解を見て「あーこれできたのに」っていうところをなくさないとね。

実力が出し切れれば○○点取れたはずなのに、、、みたいなことをなくして、今ある自分の実力の点数までもっていくことが大事かな。

 

 だそう。

旦那さんって本当に塾で生徒を指導しているんだなーというのが私の感想。

 

● 悔しい気持ちで動く

私の根底にある負けず嫌いの気持ちが、一番自分を動かす動機な気がする。

 

腹筋をできない自分が悔しくて、昨日も自ら進んで腹筋していた自分に驚いた。

 

一番続いた習い事のピアノも、料理も、出来ないことが悔しいから上達したくてやっていた(る)。

そういえば本もそんなかんじで負けず嫌いから読み始めたんだった。

 

私の負けず嫌いは根が深い。

 

● 習慣が身に着くまで66日

って(たしか)ラジオで聴いて、やり始めてからしばらく経つ。

スマホの使用に関しては変動はあるけれど、おっくうなことからやるっていうことに関しては無意識に動けることが多い。

だいたい50日目あたりから。

66日の法則は本当かも。。。

 

● 録画番組

ゴミがたまりにたまった家に住む男性の一軒家を2日がかりで片付ける番組の企画。

 

 片付け、人と関わること、新しいことをやり続けること、家から出ること、は最低限やらないとなーと思った。

あと、立場が人を作るって良い意味だけではないんだということも。

 

あまりよろしくない環境にいると、次第にはよろしくないことにも気が付かなくなって、自分の考えで凝り固まって動けなくなるんだろうな。

しかもそれって徐々に少しずつ進行するから、自分では気が付きにくいし。

 

いい時も悪い時も気が付きにくい。

 

※ おっくうなことから先にやる 59日目

ぼちぼち。

※ スマホを一日使わない 58日目

達成率 70%