もりもり食べる

日々考えたことをきままに綴るブログです

すっぽんぽん

● 寝られない

なんだか寝られなくて、気持ちを整理するためにも、今日は記事2つめ。

いつも3分あれば寝られる私が、寝られないのはめずらしい。

(まぁ息子と3時間ほどは寝たのだが)

7時間は確実に寝るのになぁ。

目がさえている。

 

● 振り返り③ (0:30~1:30 / 1:30)

Q8. 勘が働くのに、勘をつかうのはなぜよくないのでしょうか?

A. 自分の調子が良いときだけではないから

運が良い時期はいいが、運が良い時期だけではないから。

自分の調子が悪くなると、悪く出てしまうかもしれない。体調が悪い時もある。

山勘を使う時は、学びが足りないときや学ぶ意欲が減っているときだといわれている。

だから、それに頼らない方がいい。

ひらめきだけでやると、やりたくなくなったときにはゼロにもなる。

だから、勉強をした方がいい。

 

Q9. 名誉欲はありますか?

A. ない

開拓者の人は国家公務員は無理。自分を出してはいけない職場、言われたことをやる職場は難しい。

そういう職場は名誉欲があるい人には向いているが、私には名誉欲はない。

 

Q.10 でも少人数でいるときに、話題の中心にいないと寂しいです

A. 本質として、人を照らしたいという気持ちがあるから

算命学での属性がロウソク。

ロウソクは人を楽しませたいという性質があり、その性質からくるのだと思う。

すでに周りが明るい場にいると、自分がその場には必要ないのだと思うのだろう。

(ロウソクは何かに燃えたいし、火を使いたいし、火をわけたい人) 

 

Q.11 天中殺中にとても尊敬できる料理教室の先生に出会いました

(天中殺:うまく説明できないので、説明は割愛)

A. この時期ならでは

学びは受け身の行為のため、この時期はいい先生に出会える。

とてもレベルの高い先生に出会えるのはこの時期ならでは。

先生が断らない限り、関係は続けられる。

 

Q.12 私の人生における、最も精神的に辛い時期はいつですか?

A. 2003年(14歳)

(以前にも書いた、精神的に辛かった時期とドンピシャ)

 

Q.13 他に特徴的な時期は?

A. 2027年

家族を見直したくなるタイミング。

あと、貯めてきたものをチャラにもしたくなる。

始めるのもこの年はよくない。

精査したくなるけれど、精査してはだめで、それまで大事にしてきた家族や貯金まで捨てることはない。

 

Q14. 子どもを授かりやすい年は?

A. 2018年・2019年

2018年と19年は生み出す年と出ている。

2019年は仕事を見直すとも出ているので、産後に働き方を見直すことがあるかも。

 

Q.15 フリーランスでやりたいのですが、誰かの下でやった方がいいですか?

A. 継続したものがあれば大丈夫

継続したものがあれば大丈夫。

開拓派(今までにないものをやり始める人)は、フリーランスが多い。

勉強は最低3年。

3カ月で身につけました!みたいなものを誰かに教わりたくないのが普通。

きちんと積み重ねてから。

 

Q.16 2018年はどんな年でしょうか?

A. (具体的なテーマをいろいろ)

・マニアック(一人で完結はしない)

・好きなことを追求する

・笑顔でニコニコいるとありがたいチャンスに恵まれる

・価値観のずれを受け入れる

・価値観の違う人に会いに行き、それを楽しむことで他からチャンスが入ってきやすい

(大人数ではなく少人数の場)

(同じタイプの人と集まりやすい性質なので、価値観のちがう人と出会える中々ないチャンスだと思った方がいい)

・身近な人への礼儀を大事にする、恩を仇で返さない

(社会的地位のある人も含む)

・私だけ苦労しています、とか、一人でこもるのはNG

・とりあえずニコニコしておく

・栄養バランスに気を付ける(酸・アルカリ/ホルモンバランスなども)

 

2019年

・子ども

・いろんなことを同時進行する

・キャリアは考える

・19年に仕事の構築はしない方がいい

 

Q.17 おそらく、母の天中殺中の子どもでした

A. 天中殺中は私のようなタイプの子どもが生まれやすい

天中殺中の子は社会に差し出すような育て方をしないとならない。

いずれ一緒に住むとかは期待できない。

 

Q.18 父とは属性と天中殺が一緒でした(父も丁丑)

A. 父の生まれ変わり

父の方が母よりも縁があり、父の生まれ変わりという意味で、出来なかったことをやる。やり残したことをやるために生まれてきた。

(小さいころは顔もおそろしく似ていたし、性格もすごい似ている。)

父は反面教師としている。

そのことからも、家系を継ぐなとわかりやすく出ている。

一緒にいると二人そろって一人前になってしまう。

(父は大学に行きたくても行けなかったし、子どもが3人欲しくても2人だった。それもあってか、私も兄も大学に行かせてもらったし、私も旦那さんも子どもは3人まで持てるという星らしいし、3人ほしい。他にも若い時にやりたいことがあったのかも。聴聞けそうだったら聞いてみよう。)

(そういえば、自分の仕事と全く関係ないことを勉強しなさいって父に言われたことがあった。それについてもう少し考えてみよう。)

 

Q.19 完結させるのが不得意です

A. 申酉天中殺+開拓の星を持っているから

申酉天中殺は方角で表すと西。

申酉天中殺は、西の場所が見えなくなっている。天中殺はその場所が見えないという意味。

西は太陽が沈む場所でもあり、家に帰る時間。

そこがないということは、終わりがないということ。だから、なにかを完成させるのが不得意。フリーランスとしてやっていくならば、不得意な部分は他の人に任せる方法もあるので、そうするといいかも。

 

終わりがないという意味から、教育や食に関して適性がある。それらにも終わりがないから。

帰る場所がないということで、働きに出る人も多い。

 

それに加え、開拓者の星も持っているので、余計。

開拓者は、前に前に進んでいくので、完結というよりは前進。

 

Q.20 息子は戌亥天中殺です(以前占ってもらった)

A. 夢とロマンの世界の人

(戌亥天中殺の説明をしたあと、)

夢とロマンを大事にして、精神性を大事にする人。

自分で納得するまで考えたい人である。

こういう子には心の拠り所を与えてあげるといい。

「大丈夫だよ」という言葉など。

 

戌亥天中殺の子どもが汚いぬいぐるみをいつまでも大事に持っていたりするのは、精神性を大事にしているから。その汚れたぬいぐるみにロマンを感じている。

(実際、息子はアンパンマンの膝掛を大事にしており、それがないと不安な様子。洗濯して干していると、その状況に対して泣いて訴えてきて自分のもとへ持ってきたがる。)

 

今年来年は天中殺だが、子どもは自分の天中殺の影響を受けることは少なく、むしろ、親の天中殺の影響の方が出やすい。

 

Q.21 旦那さんといると、なんだか傷つけてしまうときがあります

A. (算命学の属性が)宝石だから

ロウソクの私は人目をあまり気にしないのに対し、宝石はプライドが高い。

だから、私は宝石の旦那さんに「人の目ばかりなんで気にするの?」と思ってしまいがち。それを言葉にすることで傷ついてしまう。

 

宝石の人は社会的な立場やどうみられるかが自身になる人だから、人目を気にするのが普通。

エストのリーフパイとか、ヨックモックのお菓子みたいに、そういった王道のものを好むのも宝石さんの特徴。

 

 Q.22 現実的に稼げる仕事はなんでしょうか?

A. こつこつ続けることが一番大事

テーマとしては、『食・健康・子ども・音楽』。

人と話すことも向いている。上からというよりは、和気あいあいと楽しく話すかんじ。

それらをお金にするには、こつこつ続けること。

 

場所は固定の場所を決めたほうがいい。リピーターをつけるため。

 

ロウソクなので、マニアックさを追求したほうがよい。

これを教えたいみたいな。

性格的には単発を好むけれど、"苦手な人からも好かれる"という特徴を利用して、継続したクラスもあった方がいい。リピーターがつく。

飽きっぽいので色々変化させていき、こだわりを加えたりして、" いつもなにをやるか分からないけれど行きたくなる"を目指すといい。

とにかく、少額でもいいからとにかくこつこつやること。

あと、物販も向いている。

常連さんと沢山話して気が付いたことをお客さんに話したりすることで、ファンができる。

 

勉強してきたのでっていうものがほしい。

稼いだお金は有効的に使わないと勿体ない。

学ぶときは衝動的・短絡的に使うよりは価値のあるものに。

 

Q.23 私っぽいブログって・・・

A. 赤裸々感

一般的なことを書くよりは、専門的だったり、赤裸々感があるといい。

(だから、占い以降いつもより意識して赤裸々に書いている(*ノvノ))

 

Q.24 ○○さん(占い師さん)は両親になんて言われて育ちましたか?

(その方のブログを好きで見ているのだが、とても素敵で、気になって聞いてみた。占いについて専門的に書かれているわけではなく、趣味や考えなどいろいろ書いてあって面白く、勉強になるブログ。)

A. ともだちを大事に

 

● 鑑定結果から

今まで占ってきてもらった経験はそこそこあったが、今回の算命学の占い師さんは別格。

どの話も自分自身そのものでしかなくて驚く。

あれ?と思うところがない。

私の文章力がなくてきつめの書き方になってしまったが、話していても私を否定することは絶対なく、自分の良い面を伸ばそうと思えるように話してくださった。

 

そういえば、この方も一昨年の天中殺のときにブログを通して知ったんだったっけ。

料理教室の先生同様、天中殺中だからこそ出会えたのかもしれない。

 

天中殺期間中はしんどいことが多かったけれど、振り返ってみるとありがたいことの方が大きかったのかもしれない。(それにしてもふり幅はすごかったけど。マイナスにいききった。)

自分のだめな部分ややりたいことなど自分について深く考えることができたのは、辛い時期があったからこそ。(しつこいが、本当に辛かった(;´∀`))

この期間中に出会った人たちとはほとんど縁がないそうなのだが、その人たちへの感謝を忘れないようにしないと。

 

アドバイス通り今年は、食事に特に気をつけ、にこにこ笑顔で、好きなことをやりつつ、会いたい人にもたくさん会おう。

恩を仇で返さないよう、感謝の気持は常に持って。

 

そして、算命学のアドバイスは受け止めつつも、本当にやりたいと思えることはたとえそれに反することだとしてもやろうと思う。

失敗を恐れないようにしよう。

 

28才だし…とかって年齢が気になることもあるが、その物事が出来るか出来ないかは本当に人それぞれだと思う。

20代に出来て80代に出来ないこともあれば、その逆も然り。

例え笑われたとしても、笑われるのは一瞬だし、笑った人は私の人生には関係ない。(それが例え家族であろうとも)

むしろ、笑う人の方が人の人生が気になって自分の人生がおろそかになっているのでは?と思う。だから私は私。

私は自分のやりたいことをやって、守りたいものを守る。

 

いくつになっても恥ずかしがらず、ものおじせず。

そうやっていこう。

 

まぁ、今回の旦那さんの件みたいにいざとなると「まじかー」ってビビってしまう私もいるが(笑)

でも、それでも直面した時は真剣に向き合おうと思う。

逃げたいくらい辛い時は逃げるけど。

 

● この数日で思ったこと

気休めの占いならいらないなと思った。

自分で自分を変えるつもりがないのに行っても、お金の無駄だし、なんていうか、それを本気でやってきた占い師さんに失礼だなとも思う。

(お金儲けのためにやっている人もいるのだろうが)

 

占いって自分らしく生きるためのものなのかなーと。