もりもり食べる

日々考えたことをきままに綴るブログです

オノマトペ

● 塾

旦那さんは塾の先生。

 

毎年、手を抜くことなく受験生と一緒に頑張れてすごいなとこの時期思う。

(受験生でない子たちとも)

どの子にとっても受験はおそらく人生の一大事で、色々ドラマがある。

同じような子はいても同じ子はいなくて、絶対絶対大変。

家庭環境もいろいろだし。

 

こんな大変な仕事なのに、よく気持ちがきれないなーと私はこの時期になると毎年思う。

私なら無理。

 

日曜日も、翌日の高校の推薦入試を控えた一人のために、「心配だったら来ていいからね。」と声をかけて無償で1時間以上最後の補修をしていた。

 

旦那さんにとっての毎年の受験は、受かるのが目的ではなく、その子に合った人生を歩むことが大事っぽい。

(だから、受験に親の意向が入ってきたりするとぼやいている)

毎年やっていたら受験の合否の感覚って麻痺しそうとも思うが、ちがうらしい。

 

旦那さんにあるとき質問を投げかけてみたことがある。

私「毎年受験生をお世話して、疲れていやになることはないの?」

旦那さん「楽しいんだよね。」

 

そうかー。

 

昨日は雪が降ったけど、旦那さんが補修した子は大丈夫だったかなー。

 

● 雪

昨日のお昼ごろにはもう積もっていた。

想像の2倍寒い。

 

息子と雪の中歩いたけれど、まだ喜ぶことはなく、不思議そうな顔をして雪を眺めている。

雪に対してなにか感情をいだくのはもう少し先なのかな。

それとも、息子の感情が表に出にくいだけ???

 

● 母は雪国育ち

私の母は北海道出身。

母の田舎は一軒一軒の間隔が100m以上あくような田舎だったし、街灯も少なくて、夜は真っ暗。

どうやってすごしていたのかな?

 

● 絵本ブーム

息子は一時期絵本にはまっていたが、興味の対象がおもちゃへ移行し、また絵本に戻ってきた。

自ら私のところへ持ってきてくれる。

韻を踏む本や語感のいい本が好きらしい。

あとは、私が絵本に付け加えて言うオノマトペもつぼみたい。

よく笑ってくれる。

 

● くせになる


【ソレデモシタイ】 平井堅 2014年 FNS歌謡祭

 

この曲のMVはYouTubeで見られる。面白くて何度も賛成してしまう。

そっちの方がおすすめ。