もりもり食べる

日々考えたことをきままに綴るブログです

 

 

● 結婚

この間、夕方ごろに息子の薬をもらいに薬局へ行ったら、ちょうど小室哲哉さんの会見がテレビで流れていた。(あのときは、あまりの衝撃に画面に目が釘付けになった)

小室さんに対してなにか特別な感情を抱いたわけではなく、それを見てふと、"  結婚の制度ってなんのためにあるのだろうか?  "と疑問に思った。

 

私は結婚しているのだが、入籍したのは流れというか…特になにも考えずに籍を入れた。流れのまま。

この人でいいのか?と迷うこともなかった。

 

今更ながら、少し考えてみる。

 

1)お互いの所有化を可視化する

2)誓い

3)子育てのため(現状の制度のため)

4)理想郷を追い求めるため

5)自分のルーツを知る

6)親を安心させる安心材料、、、など。

 

考えれば考えるほどわからない。

最終的には、私にとってそんなに時間を割くべき問いでもないという結論に至った。

 

この中で一番しっくりくるのは、1と4。

所有化って変だけれど、でもそんなかんじ。

で、一人の人と一生添い遂げたいという希望のもと結婚するのかな。

 

この制度の存在自体は、その方が社会生活を送る上で合理的だからな気がする。

 

● 浮気・不倫

ありかなしかで言ったら、なしよりのあり。

一生同じ人を愛し続けられるかどうかなんて誰にもわからない。

魅力的な人は沢山いる。

なしであって欲しいし、自分はするつもりもないけど。

 

仮に旦那さんにそういうことがあったとして、その相手が魅力的な人ならば、、、それはしょうがないと思ってしまう。

裏切られた気持ちになるだろうし、怒るだろうし、そこからはそれまでのように信用は全くできなくなると思うけど、離婚するかっていったらしないと思う。(旦那さんが求めてきたらする。)

最終的に私に何かを感じて私のところへ戻ってくるならそのまま結婚生活は継続かな。

ちくちくは言うだろうけれど。 

 

旦那さんが私にとって魅力的な人だというのは変わらないし、そばにいて旦那さんの影響を受けていたいし。

(一方で、そんなに簡単ではないのかもとも思う自分もいる)

 

● 酔った日のこと

日曜日だったか、旦那さんと一緒にお酒を呑んだ。

 

その時に酔った私が熱弁したのが、平井堅さんについて。

「私が平井堅を好きだと言うと、平井堅セクシュアリティに関する噂を持ち出してくる人がいるが、仮にそうだったとしても、それと平井堅の楽曲になんの関係があるのか?あれには腹が立つ。」

 

これを言うに至るまでの経緯は記憶にないが、熱弁したのは憶えている。

 

● 批判

上っ面の批判って楽だなぁと思う。

背景を考えない批判って楽。

私自身、今までニュースに対する感想などでそういった批判をしたことが沢山あった。

(これも批判に対する批判?) 

 

最近、批判より発信は数倍大変だと思うようになった。

 

今では、簡単に批判するよりもっと考えようって思うし、「どっちも考えられるよね。」っていう中庸な気持ちを持っていたいって思う。

 

● 失敗

料理する際、理想とするお肉の焼き加減(煮加減)にならなくて、何度も失敗して、試行錯誤していた。

特に、鶏肉の照り焼き。

 

味は自分の中でしっくりくるものをみつけたのだが、固さが……。

 

今まで良しとしてきたものが、最近は良いと思えなくて、理想に向けてチャレンジしている。 

私が作るものはなんだか、少し固いし、ジューシーさに欠けて理想ではない。

でも、この間ようやく成功した。

失敗、失敗、失敗、失敗、失敗……成功。

 

何度失敗したんだろうっていう失敗の数。 

 

失敗しないと成功はしないから、チャレンジはするのだが、チャレンジするときに「また失敗したら嫌だな…」と思う自分がいる。

そう思ってやりたくなくなることもあるのだが、やはり、できるようになりたくてやる。

 

息子にも失敗を恐れずにチャレンジする人であって欲しいなと思った。

そういう姿をわかりやすい形で息子にみせたい。

失敗する姿とか、失敗を乗り越えて出来るようになった姿とか。

 

● ピアノ

今では息子のおもちゃのピアノを片手でたどたどしく弾くぐらいだが、中学生まで習っていたことがある。

同時期に始めた子よりも下手で、リズムも取れなかったけど、好きで弾いていた。

 

ピアノはプロが弾くと簡単そうに見えるが、いざ自分が弾こうと思うとかなり難しい。

頭ではイメージできても、指先が思うように動かない。私はリズムも全然取れない。

だから練習をする。

 

何度も何度も練習を繰り返して一曲弾けるようになったときは嬉しくて、その曲を沢山弾いたあと、また次の曲にチャレンジする。

 

ピアノは思うように弾けなかったし、上手ではなかったが、この経験が今に生かされているのかもって振り返ってみて思った。

下手だったのに、なんのために10年もやっていたんだろうってつい最近まで思っていたけれど。

 

・失敗の積み重ねで出来るようになる

・下手でも数をこなせばある程度は出来るようになる

・下手でも好きなら続ければいい(出来不出来は関係ない)

 

そんなことをこの経験が教えてくれている気がする。

続けることが大事なのではなく、毎日毎日の好きを大事にして、その毎日を積み重ねた経験が大事なのかな?

いや、、、積み重ねてきたものには執着せず、今に集中して自分を高めていく行程が美しいのかも。

積み重ねによって出来上がったものは結果論であって、執着する対象ではない気がする。

 

● 動物園

昨日は息子を連れて動物園へ行ってきた。

雪が残っているであろう動物園を見せたくて。

思った通り、少し残っていた。

 

だが、ところどころ息子の機嫌が悪い。

今朝は起きるのが早かったからかも。

とほほほほー。

 

でも、息子の記憶に少しでも残るよう必死で「雪だよ!」とか「寒いのかな?」って連呼している自分がいた。

 

● 新しいもの好き?

息子に新しい絵本を買うと、息子はそれを持ってきてくれる。

最近はノンタンの絵本と電車の絵本がお気に入り。

 

● 今の課題

『 子育て 』

・もっとよく観察する

 

『 料理 』

・先生に教わったことを忠実に丁寧になぞる

・出来上がりの状態をより具体的にイメージして作る

・数をこなす

・料理番組などからプロのやり方をぬすむ

・疑問に思ったらすぐ調べる、メモする

・反省→改善

 

● よかった


【ジブリ鈴木敏夫】制作者が語るドキュメンタリー映画「人生フルーツ」(前編)